快気祝いの仕方

病気見舞いのお返しは、全快後「快気祝い」として贈る

快気祝いとは、本来はお世話になった人、お見舞いを頂いた人を招いて、祝いの席を設け、それをお礼(お返し)としました。いまは、快気祝いとして配り物をするのが一般的です。 快気祝いの仕方

快気祝いを贈る時期について

退院後または床上げ後、10日くらいに贈りましょう。回復後、落ち着いた後で、療養中にお世話になった人に感謝の気持ちを伝えられるような、挨拶状とお品を選んで贈ります。

快気祝いの贈り物につける水引やのし紙について

「二度とないように」と紅白結び切りの水引に、表書きは「快気祝い」とし、お礼状を添えます。快気祝いは本来は内祝いですが、「快気内祝」の四文字を嫌って「快気祝い」とします。

病院や医師、看護士へのお礼

快気祝いの仕方

医師や看護士へのお礼は、本来は不要ですが、どうしてもお礼をしたいという人は少なくありません。最近は病院の決まりで患者からの金品は一切受け取らないところも増えており、病院の規定に従うのが原則です。決まりのない場合、医師へのお礼は現金や商品券が多いようです。看護士には日持ちがして小分けのできる菓子が一般的ですが、小さいサイズの飲み物なども喜ばれます。御礼を受け取ってもらえないときは、丁寧なお礼状を出しましょう。

快気祝いQ&A

お見舞いを頂いたが亡くなってしまったとき
病気療養中にお見舞いを頂きながら、回復せずに不幸にしてなくなってしまった場合は、忌明け後に「御礼」を贈るか、葬儀で香典もいただいているのであれば、香典返しにお見舞いのお礼分も含めて贈ればよいでしょう。
「御礼」として贈る場合は、紅白結び切りののし紙は使わず、白無地か略式の短冊にして、弔事用の包装紙に包んで贈ります。
退院した後も病気が長引きそうなときのお礼は?
快気祝いは全快したときに贈るものなので、退院しても療養中などの場合は、快気祝いをする必要はありません。お見舞いのお礼と病状の報告を兼ねた手紙を本人もしくはその家族が出すようにします。
全快していなくても、病気によっては病状が回復し、本人が区切りとしてお礼をしたい場合には、「快気祝い」「御見舞いお礼」「御礼」として贈ることもあります。
不幸にも亡くなったが、病院の先生にお礼がしたい
本人は亡くなってしまったものの、病院の医師や看護師によくしてもらったお礼をしたいときも、基本は全快の退院の時のお礼と同じです。品物を贈るときは、白無地か略式の短冊を使い、「御礼」と表書きします。包装紙は弔事用ではなく、普通のものを使いましょう。
病院に受け取らない規定のある場合は、葬儀後、落ち着いたら手紙でお礼状を出しましょう。
お買い物について
快気祝い・お見舞いお返しギフト販売